歯医者の選び方

今回はプロの歯医者さん目線からみた「良い歯医者を見つけるためのポイント」を詳しく紹介していきます。

「歯医者に行きたいけどどの歯医者がいいのかな?」
「いい歯医者を見つける方法が知りたい…。」


このような悩みをお持ちの方は是非参考にしてみてください。

それではいい歯医者選びのポイントについて紹介します。

【治療内容やコース、症状関係なく歯医者を選ぶ場合に大切なポイント】

歯医者といっても、虫歯の症状や入れ歯、その他の治療等によって選ぶ必要があります。ですがどのような場合でも共通する大切なポイントをまずは見ていきましょう。

親身になって患者さんの話を聞いてくれるか

流れ作業のように作業をするのではなく、治療のたびに気になる点や困っている点をしっかりと聞いてくれることはとても大切です。

治療はものではないので、途中に不安や問題、悩みが起こることがあります。状態に応じてしっかりと治療を対応してくれることが大切です。

聞くこととしては、現状の状態・悪いところがあるか・原因はなにか・対策は何か・今後どのように治療していくか。などたくさん聞いてみましょう。

専門用語があればそれについてもどういう意味か聞いてみましょう。嫌な顔をせずひとつひとつ丁寧に答えてくれる歯医者さんは良い歯医者さんです。

ただし、聞き方には注意をして、失礼のない聞き方をしましょう。ただ無駄に質問をしても面倒だと思われてしまいます。偉そうな態度にならないように質問をしてみてください。

検診を定期的にやってくれたりアフターケアがしっかりしている

治療が完了したら終了というのはアフターケアがしっかりしていない可能性があります。

治療後はいかに虫歯ができないようにするかが大切です。

そのため一般的な病院と同じでかかりつけ医のような歯医者さんがいて、定期的な状態を検診でみてくれたり、そのようなメンテナンスがある歯医者が理想です。

患者さんにあった治療を行ってくれるか

患者さんによって、症状の悩みや治療法へのこだわりがあります。

その内容になるべく合わせて治療をしてくれる歯医者がおすすめです。

歯医者によっては、自分が得意な治療法で進めていこうとしたり利益が高いものを進める歯医者がありますが、それはよくありません。

あくまでも患者さんの意向に沿うことが何よりも大切なのです。

また患者さんの経済状況に応じた治療や保険適用の有無などをしっかりと教えてくれるかも重要です。

治療前に十分な説明をしてくれる

歯が痛くなったりするのには必ず原因があります。

患者さんの話を聞くだけではなく、口の中全体を調べて現状を歯科医の立場から説明してくれると安心できます。

検査も口腔内写真やレントゲンなど詳しくする必要があります。

すぐに治療をするのではなく、その原因や治療後の予防策まで話してくれる歯医者がおすすめです。

また治療のあとにも注意した方がいいことなどをしっかりと教えてくれる歯医者さんの方がいいでしょう。

院長だけではなくスタッフ全員が高い知識を持っていることが理想となります。

一人当たりの診療時間が適切に確保されている

歯医者によっては10~15分で患者を回すところがあります。辛く不安な治療をパッと素早く終わらせてくれる歯医者はとても魅力的に思う方もいるかもしれません。

ですがその一方で患者をつめすぎている可能性があります。

お客様の歯の状態によっては時間をかけないといけないことは必ずと言っていいほどあります。

一人当たり10分前後しか摂っていないと、どうしても手を抜かないと行けなかったりと利益最優先となってしまっていることがあります。

技術が優れているというよりも丁寧な作業や治療ができていない可能性が高いです。

歯医者を予約をするときには30分おきに予約が取れることを確認しましょう。

いい歯医者は1人当たり30分間は確保しており、しっかり時間をかけて診察しているからです。

予約時間の間隔が短いと必要最低限のことを歯科医師が担当して、他は衛生士に任せている歯医者もあります。

いい歯医者は患者さんの希望やこだわりに寄り添った治療を提案し、患者さんが納得した時点で治療を開始します。

そのためには患者さんの状態を知るためにしっかりと話を聞いて、患者さんからの質問にも丁寧に答えることが必要ですよね。

そのため1人当たり30分の治療時間は必要になるのです。

予防に力を入れているか

歯医者は虫歯を治療する場所というイメージがあるかもしれませんが、一度再発したら終わりではなく、再発したり別の個所が虫歯になってしまう可能性があります。

これを事前に防ぐために、予防に力をいれている、定期的に予防のために来院を促してくれる・連絡をしてくれる歯医者さんはいい歯医者さんです。

歯は一度削ってしまうと、元には戻りません。

削らないようにするには虫歯・歯周病になる前に対処をする必要があり、そのためには予防としての来院が必要になります。

受付の対応が良いか

電話や院内での受付の対応が良いところは、患者を不快にさせないようにつとめています。

受付の仕事は治療と全く関係ないのですが対応が悪いということは歯科全体が患者に対しての心遣いが出来ていない可能性があります安心して歯の治療することができません。


まずは電話で予約して受付の態度や雰囲気を確認してみましょう。患者への対応が良いかしっかりとチェックしてください。

もし、感じが悪いと受け取ったらやめておいた方が無難です。

感染症対策がしっかりとしてある

歯を削ったりする歯医者の施設内は感染症対策はとても重要となります。

タービンの滅菌や空間除菌などしているか確認してみましょう。

スリッパもすぐに履けるような状態になっている必要があります。

スリッパが並べられていないと自分の手で取って履かないといけません。

その手で紙コップをつかんではそこからばい菌が口の中に入ってしまう可能性があるからです。

置いてある場合は消毒など、対応をしっかりしてくれているかを確認しましょう。

院内が清潔かどうか


院内は清潔に保たれているかどうかこれはとても大切です。細部まで掃除が行き届いているのかチェックしてみましょう。

基本的に公共の医療施設ですので、院内もきれいにしていないと非常に問題になります。 また、掃除が行き届いてると器具の滅菌や消毒などにも力を入れています。

これは患者さんのことを第一に考えているので、実際に歯科医院いってみて清潔な院内なのかどうかを自分の目で確認してください。


どうしてもいけない場合は口コミサイトで患者さんの書き込みなどで知ることもできます。なるべくチェックは冷静な判断ができる歯がいたくない時に行うのが理想です。

治療してるときに治療器具や手袋を毎回変えているか

歯の治療を受けてた時に毎回滅菌処理をしているのか確かめてください。

それができてないと前の患者が使っていた治療器具から、菌や血液を口から取り込んでしまい、口内感染をする危険があります。

そうならないためにも、治療する時に椅子の横に置いている器具からハンドピースの部分が外されているかどうかチェックしてみましょう。

滅菌処理が行われていれば、ちゃんとハンドピースは外されております。また滅菌パックからハンドピースを取り出して、その器具にセットしているのかもしっかりと確認するようにしましょう。

少し特殊とはなりますが、聞ける場合はその歯医者で働いているスタッフはここで治療をしているのかなども聞けると判断しやすくなるでしょう。

【間違った歯医者の選び方】

次に良く勘違いされがちな間違った歯医者の選び方について解説していきます。

予約がとりにくく混んでいる

人気な歯医者さんは混んでいるという考えは間違いではありません。

ですが場所や広告により患者が混み合っている可能性があり、治療が上手だから混んでいるとは限らないということは知っておきましょう。

逆に本当に良い歯医者さんでも、患者が少ない歯医者はたくさんあります。

混んでいる歯医者は、集客が上手なだけかもしれないので混んでいるからというだけで選ばないようにしましょう。

治療回数が多い

治療回数が少なく、早い歯医者の方が楽で良いと思われている方が多くいます。

ですが治療の内容によっては再発率が多い場合があり、だからこそ時間をかけるべきなときもあります。

全てにおいて言えるわけではないですが、早ければいいというわけではありません。

患者さんの将来も考えて再発しないように時間をかけて治療をしている可能性もあります。

口コミサイトは信じすぎない

口コミサイトはお金を払えば上位に出てきたりおすすめに表示されることが多々あります。

そのためお金持ちの歯医者が上位に来ている可能性があります。

口コミの評価が高くて上位に来ている場合は良いですが、ホームページがおすすめしているなどの場合は注意が必要です。

詰め物がすぐにとれる

口コミなどを見ていると「詰め物がすぐにとれた!」というようなものを多くみかけます。

一見悪いことのように思えますが、そうではないこともあります。

詰め物をする場合、歯を多く削るほど取れにくくなり、削る量が少ないと取れやすくなります。

良い歯医者はなるべく患者さんの歯を削らないようにすることを大切にしているので、詰め物が取れやすいのです。

もちろんケースバイケースですが、それだけで判断しないようにしましょう。

クレームを重視している歯医者は何も考えずにたくさん歯を削っている可能性もあります。

雑誌に多く掲載されている

全てに当てはまるわけではないのですがお金を払えば雑誌への掲載は可能です。

その歯医者の情報などを知る上では大切だが、掲載されているから上手だったり技術が高いというわけではないので注意しましょう。

【自分の譲れないポイントを整理してみよう】

ある程度歯医者をしぼれてきたら、次に自分の譲れないポイントを整理してみましょう。

治療中の痛さ

痛みはある程度我慢できるから麻酔などをあんまりしようしてほしくない・・・

痛みがとにかく怖いからしっかりと麻酔をして無痛にしてほしい・・・

人によって理想の治療方法は違います。

噛み合わせの考慮

スポーツ選手など普通の人以上に歯へ負担がかかりやすい人の場合は、噛み合わせを考えてくれる歯医者がおすすめです。

すぐに異常が出ないとはいえ、噛み合わせが悪いと完璧なパフォーマンスが出来なかったり、長年そのような状態が続くと体全体がずれたりして体調を崩してしまう可能性も十分にあります。

詰め物などの素材

削った部分を補填するものに詰め物がありますが、その素材も需要です。

少し前までは銀歯が主流でしたが、今では様々な素材があります。

今注目を集めているのが「ジルコニア」です。とても硬く割れにくいのでクレームになりにくく使用している歯医者さんが多いです。

その一方で硬すぎるのでいつまでも詰めた状態が続きます。とてもいいことに感じますが、他の部分が衰えていっているのにその箇所だけ変わらないというのは全体のバランスで考えた時に良くありません。

逆にセラミックだとジルコニアに比べ柔らかく割れたりするリスクはありますが削ったりして合わせることも可能です。

人によってどれが正解は異なりますが、そのようなことまでしっかりと説明してくれたりする歯医者は信頼できます。

これは譲れないというようなポイントを整理して自分にあった歯医者を見つけてみましょう。

通いやすいか

通いやすさも決め手のひとつになってきます。

歯科医院は虫歯の継続治療はもちろん、虫歯の予防・クリーニングにおいても何度も通うことになります。

そのため通いやすい場所にあるか、というのは長くお世話になるうえで大切なポイントになります。

【ポイントを意識して良い歯医者を見つけよう!】

今回は治療内容やコース関係なく良い歯医者を選ぶポイントと間違った歯医者の選び方を紹介してきました。

たった4つで調べ方も難しいものではないので是非参考にしてみてください。

間違った選び方も参考にするなというわけではありません。

ただ一つの情報に信じすぎないようにすることが大切です。

歯医者さんはその道のプロです。歯医者選びをしているうえで疑問に思ったことがあれば気軽に相談するようにしましょう。

そこでの対応が悪かったり回答を濁すようなことがあればそれも判断の一つになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です